2006年09月06日

ジェネリック…

今日は、月に2回の薬をもらいに行く日。

いつもと同じ、風邪薬やら諸々をもらうための処方箋をもらって、いつもの薬局へ。


そこで、薬剤師(=薬)さんと話してみた。
私「この薬でジェネリックになるのってあるの?」
薬「多分、安い薬ばっかりだからジェネリックにする意味がないですよ。高い薬でないと、患者さんに実感がないんですよ」

で、いつもの薬(謎)と頭痛薬を指して
薬「これは、新薬なのでジェネリックはないです。」
その後炎症止めを指して
薬「これは安いんで、後発品(ジェネリックのことね)は出ないし出てないです。」
最後に抗生物質を指差して、
薬「これが一番高いけど…」

といいつつ「後発品一覧」という本を取り出してきた。
薬「えーと、あ、これもないですね。」
で、ある薬の一覧のページを見せてくれた。
薬「たとえば、これは普通に出すと1回100点の薬(1000円)だけど、これだと1回75点(750円)です。だけど、お支払いはこれの3割だから、あんまり安くなった気がしないでしょ?、であればメーカー品(最初からあるやつ)を普通はお勧めしますね。」
私「なるほど…」
薬「ただね、ジェネリックがいいっていう人は、高くても安くてもとにかくジェネリックにしてくれっていう人が多いんですよ。」
私「高くなるのに?」
薬「うーん、よくわかんないんですけどね。まあ、患者さんの希望であればこちらがとやかく言う話ではないので、そのとおりお出ししますけど…」
私「効き目はどうなの?」
薬「一応同じってことにはなってますけど、まあまったく同じとは言えないですよ。」
私「じゃあ、おれなら普通にもらうなぁ」
薬「ということで…(以下薬の説明)」

ということで、いつも通りに薬をもらって1080円(約360点)です。やっぱりCM通りではないね。
posted by Zatsubun at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。