2004年08月17日

もう、そろそろアメリカ追従はやめにしないか

いままで、こういう発想が責任ある立場の人から出てこなかったことが疑問だったが、もうアメリカに言われたからどうのこうのというのは、止めにしないといけないと思う。だからといって、アメリカなどと対等になるために、憲法大改正してというのも論外だけれども。
少なくとも、アメリカ追従派も自主自律派も憲法改正へ動いているので、このような発言は新鮮であるし、検討に値するのではないかと思うのだが。

9条改正問題、河野議長が「安保理入りやめる選択も」 - livedoor ニュース

 河野洋平衆院議長は17日の福岡市での講演で、パウエル米国務長官が日本が国連安全保障理事会の常任理事国になるには憲法9条の再検討が必要になるとの考えを示したことについて、「日本が積み上げてきた政策、主張をだめにしてでも安保理に入るほうがいいのか。安保理入りをやめるという選択も私はあると思う」と述べた。国連常任理事国入りを理由に9条改正を急ぐことに慎重な姿勢を示したものだ。
posted by Zatsubun at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。