2004年08月18日

うーん、この手のファンドはなぁ

楽天証券が「アニメファンド!バジリスク匿名組合」を組成して、日本初の個人投資家向け「アニメファンド!」を2004年9月13日(予定)から募集する。

ちなみに楽天証券というとどんな会社?と思われるかもしれないが、旧名はDLJディレクトSFG証券といってオンライン証券の草分けで、楽天と三井住友の系列のきちんとした証券会社だ。
この手のファンドとしては以前、マネックス証券がときメモファンドってのをやったことがあった。たしかあれも投資商品としてじゃなくて自己満足のために売れたと思う、配当もそんなじゃなかったし。
この商品も、一般投資者が受けられるのは、DVD&ビデオ売り上げから投資額の110%まで配当ということだから、はっきり言って投資商品としての妙味はない。
付録としてついてくるスタッフロール名前入れとかそういうところが売りにならざるをえない。
それに対して、劣後出資者はビデオ関連売り上げの優先配当残とフィギュアなど周辺商品の許諾収入を受け取ることが出来る。楽天証券は優先劣後制を導入したことによりリスク軽減したというけど、本当にそうだろうか?ちょっと疑問だ。
基本的に私個人は「匿名組合型」の投資はお勧めしないことにしている。あまりにも業務執行者の資質によりリターンが変わってしまうからだ。それでも作品に魅力を感じて出資する方は、自己責任でどうぞ。
posted by Zatsubun at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。