2005年01月09日

成人式に思うこと Part1

当地では、成人式は成人の日直前の日曜日に行われるのが習慣のようで、特にハッピーマンデーが始まって以降はその傾向が強まり、いまは県下7割が前日実施(つまりハッピーマンデー制度下では、必ず3連休中日の日曜日)となった。
原因は出席率が当日実施では下がるということだが、そんなことなら式典そのものを廃止すればよい。
さいたま市では、合併後「親同伴の成人式」を実施・また千葉の浦安市ではディズニーランドで成人式をしていて、物珍しさから毎年マスコミに取り上げられているようだが、式典の意味合いからしても、こういった式典の意義そのものに疑問がある。
しかも、その式典に税金が使われるのであるなら、なおさらである。
成人式の日にも仕事に従事しなければならなかったり、そもそもいじめなどにあい出席辞退するものもいるであろう。一部の出席者のためだけに成人式なる式典を開催する意味は、もう薄れたといっていいだろう。
このような「惰性行事」こそ、虚礼廃止の流れに従って、廃止するべきである。

茨城新聞ニュース - 成人式、7割が前日開催 県内実施予定まとめ

 「成人の日」の十日を前に県教委がまとめた県内成人式の開催概要で、七割を超える市町村が成人の日前日の九日に式を実施することが分かった。成人の日当日の開催割合は年々低下し、三連休の最終日を避けて中日の日曜日に実施する傾向が浸透している。
(続きは上のリンク<記事名>からご覧ください)

(この記事は、2005年1月12日 0:41にタイトル変更をおこなった。)続きを読む
posted by Zatsubun at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。