2004年09月29日

郵政公社について二題

裏ワザは、いつかなくなると言っていたから、後は時期の問題だけだったのだけど、さすがに民営化担当大臣としてあの先生に来られたら、最初に突っつかれそうだからそういうのは潰しておきたいんだろうなと考える。
ただ、こうなったからといって、直ちに郵政から資金が民間に流れることはないだろう。なぜなら、利息にしても利便性にしても民間金融機関より勝っているからだ。このサービスレベルを維持できる限り、そんなに庶民は短慮ではないから、資金流出ということはありえない。

小包の話は、ヤマトにとって薮蛇にならないだろうか。ヤマトは取扱店に他社との提携禁止条項を入れた契約書を締結させていると言われている。それが証拠に、大手コンビニでヤマトと他社便を両方扱っているところはない。これは独占禁止法に抵触しないのか微妙だと思うのだが。
いずれにしても、司法の判断を仰ぐと決めたのだからヤマトVSゆうパックで戦っていただくことにしよう。

裏技はもう使えません 郵貯の利子計算、変更へ - livedoor ニュース
 日本郵政公社は27日、郵便貯金の利子計算方法を変更、切り上げていた1円未満の利子を来年4月から切り捨てると発表した。1000円ずつ小口に預け、大幅に高い利子を受け取る「裏技」の利用が後を絶たないための対応策で、貯金者には大きな影響がありそうだ。
 1カ月満期の定期貯金で1000円を預けた場合、現在の年利は0・02%で1カ月当たりの利子は約1・6銭となる。しかし切り上げのため実際は、1カ月の利子は1円となり、継続して預けた場合は年間12円。実質の年利は1・2%と本来の約60倍になる。計算方法の変更で、今後は小口に分けて預けるメリットはなくなる。
 (続きはリンク先でお読みください)

 
ヤマトが郵政公社を提訴 ローソンと郵便小包提携で - livedoor ニュース
 宅配便最大手のヤマト運輸は28日、日本郵政公社が大手コンビニエンスストアのローソンと郵便小包「ゆうパック」の取り扱いで提携した問題で、郵政公社が不公平な競争条件で参入したとして、独占禁止法に基づき、ローソンでの取り扱い停止などを求める訴えを東京地裁に起こした。
 ヤマト運輸は、郵政公社とローソンの提携は「税制面などさまざまな優遇措置を受けている公社と、同じ土俵で競争しなければならず公平でない」と主張。郵政公社にローソンとの取引停止などを求めている。
 ヤマト運輸は「不公平、不公正な競争条件の是非を司法の場で明らかにしたい」(広報)としている。
posted by Zatsubun at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

ほー、えらくなったのー三木谷さん。

まあ、球界と財界を味方につけ、余裕ぶっこいちゃってるんだろうか。傲慢さは、ナベツネも真っ青ってか。
うーん、マネックスの松本さんの爪の垢を煎じてのんだほうがいいかも。
まあ、途中まで誰かが段取りつけた事業を脇からかっさらう手法は、楽天もライブドアもソフトバンクも、今まで散々やってきた通信・インターネット業界の風習であるので、まあ、アリかなという気もしなくはないけど、野球ファンには受け入れがたいだろうなぁ、後入りみたいで。
現に一番近くにいる熱狂的な広島ファンのオフィスアイプラスティ所長は、承服しがたいといっている。
いずれにしても、その傲慢な姿勢は、参入できたとしてもツケとして回ってくるであろう。
冷静な競争をしてほしいものだ。

楽天社長「会いたくない」 ライブドア社長の申し出拒否 - livedoor ニュース ライブドアの堀江貴文社長は25日、楽天の三木谷浩史社長に会談を申し入れたが、拒否されたことを明らかにした。
 番組出演のため訪れた仙台市内のテレビ局前で記者団に対し、「なぜ楽天も仙台を本拠地にしたいのか、三木谷社長に会って話をしたいと楽天側に申し入れたが、『会いたくない』とのメールがつい先ほど届いた。なぜ会ってくれないのか」と話した。
 楽天グループ広報部は「事実関係を確認したい」としている。

 
マネログ MONEX'BLOG - プロ野球 <松本大のつぶやき> (一部引用)

その2:3社が新規参入に名乗りを上げているが、最初にリスクを取って手を挙げた堀江さんが先ず尊重されるべきだという意見は至極もっともだと思う。

その3:今時インターネット関連の会社がプロ野球のスポンサーに1社もない方が、時代の流れとして不自然だと思う。

その4:クラウンライターズ、太平洋クラブ等々色々な会社がスポンサーになってきて、今更”審査”もあるだろうか。少なくとも、現在プロ野球界の経営はうまく行ってない訳で、その経営陣が、新規参入会社の審査をするというのもおかしな話だと思う。

(続きはリンク先でぜひお読みください)

もしよろしければランキングに清き一票を。
人気ブログランキングへ
続きを読む
posted by Zatsubun at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

なんか最近教育がおかしい?

タイトルどおりなんだけど、最近学校や教育に関することがちょっとおかしいと感じている。「個性を伸ばす教育」という名目で、実はエリート選別教育の方向へ走っているような気がする。
引用すると大変なので、気になっている動きのタイトルだけ並べると、

千代田区の中高一貫校、GMに斎藤孝氏−−「力が付く授業、示す」 /東京 - Mainichi-MSN
人材育成:「日本の次世代リーダー養成塾」に高校生179人 福岡 - Mainichi-MSN
新教育の森:トヨタなど中高一貫校 企業手腕でリーダー作れ - Mainichi-MSN
杉並区が校長の方針賛同の教員公募制へ 都教組は反発 - livedoor ニュース

過去2ヶ月までさかのぼってこんな感じ。

いま、まだ完全に論を立てるほどの整理はついてないんだけど、漠然とおかしいと思っている。これについては、また改めて書いてみたい。
posted by Zatsubun at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

おいおい、本当に潰す気か?

シティバンクへの処分が正式に出た。プライベートバンキング部門、略してPBとはいわゆる「大金持ち」(シティの場合金融資産1億円、純資産3億円以上の人が対象)を相手に総合的な金銭運用を行なう部門。
諸外国のプライベートバンキングでは、様々な金融商品つまり日本で言えば銀行・保険・証券とバラバラに買わなければいけないところを、一箇所でまとめて出来るのが通例である。
ところが、日本ではまだ完全に垣根が取れていない。いくらPBといえども銀行が株を売ったりしてはいけないのだ。それ以外にもいろいろと日本では規制が多い。そこに、まんまとハマッたということと不祥事が連発したことが相まって今回の処分になった、というのが公式見解。
だが、実際にはアメリカ本国との連携による前回取り上げたようなことがあるのだ。確かにあの方はポイント稼げていいだろうが、今回は一般の利用者にも影響がある処分が発令されてるのだ。
「全店における新規外貨預金取引停止」
これは、個人から新たに外貨預金を受け入れてはいけないということで、本業の預金業務の一部を禁止されるという、銀行としては致命的な処分だ。
このダブルパンチで、確実に実行されるであろうPB部門撤退どころか、全面撤退さえありえるだろう。
前回も書いたが、これでもし混乱が生じたらいったい金融庁はどうするつもりなのだろうか。
お手並み拝見である。

シティバンクに行政処分 金融庁、4拠点の認可取り消し - livedoor ニュース 金融庁は17日、米大手銀行のシティバンク在日支店に対し、富裕層向けに資産運用・管理をする「プライベートバンキング(PB)」部門で重大な法令違反が多数見つかったとして、4拠点の認可取り消しなどの行政処分を発表した。PBはシティの主力部門。認可取り消しで業務展開が困難になり、日本での事業戦略の見直しを迫られる可能性も出てきた。
 認可を取り消すのは、丸の内支店(東京)と名古屋、大阪、福岡の3出張所でPBの全拠点。今月29日から1年間、既存顧客との取引の解約や整理以外の業務を停止させ、来年9月30日付で取り消す。
 また、一般の個人客を対象にする個人金融部門でも、今月29日から1カ月間、外貨預金に関連する新規顧客との取引停止命令を出した。銀行固有である預金業務に対する停止処分は初めて。
(続きはリンク先でご覧ください)
posted by Zatsubun at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

日本人はいつからこんなに寛容じゃなくなったのだろう

気になったのでひとこと。
こういうのって、少なくともここ最近の出来事じゃないだろうか。
親族同士ならまだしも、知人同士で対立して同席すら許されないなんて。
確かに本のこととかあっただろう、しかし大人気なさ過ぎる

今でもある言葉で、仲間はずれのことを「村八分」ということがある。
これは、日頃は付き合わないけれども、葬式と火事の時は別…という意味で二分残っているのだと聞いたことがある。

それが、今の世の中、有力メンバーに楯突いたら、こんな場面でも何もできなくなってしまうのだ。私の青春期は彼らの絶頂期に重なるけれど、そんなにフミヤだけがエライのかと、素朴な疑問を感じる。

日本は、どんどん和を重んじる世界から、グローバルスタンダードと言う名のギスギスした世の中のなっていくような気がしてならない。
こんな時代だからこそ、他人に寛容でありたいと思うし、そういう世の中になってほしいと思う。

感情に任せて書いたから、とっ散らかってしまった。
最後になるが、故人のご冥福を心からお祈りする。

チェッカーズ、“クロベエ”と最後の別れも別々に - livedoor ニュース “クロベエ”の愛称で親しまれ、先月17日に舌がんのため死去した元チェッカーズのドラマー、徳永善也=とくなが・よしや=さん(享年40)を偲ぶ「徳永善也を送る会」が13日、東京・新木場のSTUDIO COASTで開かれ、ファンと関係者約7000人が最後の別れを告げた。平成4年の解散以来12年ぶりにメンバーが一堂に会したが、藤井フミヤ(42)は高杢禎彦(42)との確執を初めて認めるなど、メンバー間の複雑な関係が改めて明かされた。
(続きはリンク先をお読みください)
posted by Zatsubun at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。