2004年08月31日

住友信託に著しい損害はない?

最高裁判所いわく、「仮処分命令を認めなければ住友信託に著しい損害が生じるとは言えず、申し立ては仮処分命令の要件を欠いている」そうな。
じゅうぶん住信には損害だと思うんだがなぁ
竹中大先生もとい大臣はしてやったりってところか。
だいたい、UFJ信託と住友信託の話が決まっていたところに。三菱を割り込ませたところで、どう考えても行政サイドの思惑が入っているような気がするのは私だけ?
前から言ってるけど、どうせ金融庁サイドは証拠が出てきても否定するんだろうなぁ。
これじゃ、護送船団方式が形を変えて復活だよ。
NIKKEI NET:経済ニュース - 最高裁、UFJ信託の統合交渉認める・住信の抗告棄却 三菱東京フィナンシャル・グループとUFJグループの経営統合をめぐり住友信託銀行が信託部門の統合交渉差し止めを求めた問題で、最高裁第三小法廷(上田豊三裁判長)は30日、仮処分申請を退けた東京高裁の決定を維持し、住友信託の特別抗告と許可抗告を棄却する決定をした。金融再編をめぐる異例の法廷闘争は最大のヤマを越え、三菱東京とUFJは全面統合に向け大きく前進した。(続きはリンク先でご覧ください)
posted by Zatsubun at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

この人は、いったいどうなりたいんだろう。

この人、相当したたかだね。
経歴見ても相当海千山千って言う感じ。
でも、この人に頼らないとテレビがやっていけないという現実。
なんか、テレビの信用性って言うのをテレビ自身が落としているような気が
してならないんですが
それとも、はなから信用してませんか?

それにしても、この人はこれからこの影響力を使ってなにをしたいんだろう。
少し不気味ではあります。

この人物のオモテとウラ 占星術師・細木数子 - livedoor ニュース●ついにレギュラー進出
 いまや民放各局にとって、欠かせないキャラクターなのだという。占星術師の細木数子(66)。
 この4月の番組改編期の特番「細木数子の人生ダメだし道場」(7日フジテレビ)で週間視聴率トップの21.1%をはじき出し、火がついた人気はとどまるところを知らない。
 辛口の物言いがウケ、出演番組すべて高視聴率をマーク。ついに「ズバリ言うわよ!」(TBS)というレギュラー番組まで始まった。第1回放送の17.4%は、ここ10年の同局のバラエティー番組初回視聴率で2番目の数字で、もはや“新視聴率女王”として定着しつつある。
(続きはリンク先でお読みください)
posted by Zatsubun at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日テレの凋落の原因はお稲荷さん?

そんなバカな…
確かに信仰を馬鹿にしてはならない。けど…
お稲荷さんを処分したとか、そういう問題ではないと思うのだがなあ。
そういうことをしている暇があったら、根本的なところを解決しないとダメな様な気がする。
絶対、1リーグごり押し関連とか影響しているに決まってるんだから。

私は、もう今年の初めに投資対象としては、日本テレビを見切って、損切りしました。そのあとも、凋落しているので結論としては正しかったと思っています。

日テレに緊急事態 10月分の営業スポットが埋まらない! - livedoor ニュース
 日本テレビ29階の営業スペースに閑古鳥が鳴いている。一度ツキに見放されたテレビ局は惨めなもので、多くの広告代理店、スポンサーの営業マンらが出入りし、人、人、人の芋洗い状態だった日々がウソのようだ。
(中略 - 全文はリンク先でご覧ください)
局内では今、「日テレの凋落は麹町旧社屋のお稲荷さんを処分したたたり」なんてウワサがささやかれている。
「そのため、現在、氏家会長の特命を受けた総務部の連中が、引っ越しの際に処分したお稲荷さんの行方を捜している。若手はみんなフジやNHKの中途採用を狙っている」(前出の日テレ社員)
 先が思いやられる話だ。
posted by Zatsubun at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

素朴な疑問

たまたま、下のエントリを読んでいて引っかかったので一撃
「経済学の当事者でない人間とは世の中に存在するのか、特に自由主義経済圏において存在しえるか」
なにも、学者(「学」学者かもしれないが)でなくても、好むと好まざるとにかかわらず当事者になっているはずで、この点の議論にオリンピックを引き合いに出して「当事者vs評論家」という図式を簡単に持ち込んでしまうこと自体がおかしいと言うか、違和感を覚える。
たとえ、経済学という学問を体系的に修めていなくても、当事者の立場から様々な意見を表明することがおかしいのだろうか。自分の実体験から、机上の空論だと言ってはいけないのだろうか。もし、そんなことを言うなら「評論家」にされてしまうのだろうか。
「自分の意見と相容れないものは排除する」というような感じを覚えて、正直に言えば木村剛という人物に失望した。

徒然なる数学な日々 - 木村剛のエントリにカチンときた

参照元はこちら「週刊!木村剛: オリンピックになぜ私たちは感動するのか?」
(詳しくはリンク先を参照してください。)
posted by Zatsubun at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月24日

団体競技はなぜダメ?

なぜか、オリンピックは団体競技がダメだねぇ。
野球、バレー、サッカー…
比較的マシだったのはソフトボールくらいかな。
しかも、負ける相手もほぼ決まっていて、オーストラリアか中国かさもなくば開催国ギリシャ。
まあ、何とかならんのでしょうか。
単なるグチでした。


長嶋ジャパン「金」消える バレー女子も敗退 - livedoor ニュース

 【アテネ24日共同】アテネ五輪第12日の24日、野球の日本は準決勝でオーストラリアに0†1で敗れ、目標にしていた金メダルの夢を絶たれた。プロ野球のトップ選手で固めた日本は、前回シドニー五輪に続いて準決勝で敗退。病気療養のためにアテネで指揮を執れず、東京から選手を激励した長嶋茂雄監督の期待にも応えることができなかった。25日の3位決定戦で銅メダルを目指す。バレーボール女子の日本も準々決勝で中国に完敗し、メダルに届かなかった。
(続きはリンク先で)

posted by Zatsubun at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。